国債で安定した資産運用

国債での資金運用のメリット

貯めているお金が少しでも殖えたらいいという願いを込めて行うのが資産運用ですが、そこには常に減ってしまうというリスクもついて回ります。ですから、資産運用の理想は「安全性の高い」ものであったり、儲からなくても「元本割れをしないもの」であったりするはずです。

国債を買うということは、国へお金を貸して、満期が来たら利息を付けて返してもらうということです。個人、会社、国という、どんな立場であっても、お金の貸し借りには信用度がつきものですから、国債の場合にも、その国債を発行している国の政治や経済の状態で信用度を判断することができます。日本の場合、国債の信用度はかなり高く、これを買うことは最も安全な資産運用方法のひとつです。国債での資金運用のメリットは、まずこの安全性にあります。

国債には期限というものがあります。「10年もの国債」というのは、つまり「国に10年間お金を貸してくれたらこれだけの利息をつけて返します」ということです。逆に10年間たたずに解約してしまうとペナルティが付くので、これだけの期間使うあてのない資金を運用する必要があります。とはいえ、目的がない貯金を運用するには最適です。なぜなら、利率が銀行に預金しておくよりもいいからです。「毎月一定額を貯金に回しているけれど、特に目的を設定していない」という貯金なら、是非、国債を買ってみましょう。

ちなみに、投資信託に国債を組みこむことができますので、こういった目的のない貯金を積立式の投資信託にあててみるのも、効率の良い資産運用方法の一つです。