国債で安定した資産運用

個人向け国債と利付国債について

国債での資産運用とは最も安全な運用法の一つとしてなじみ深いものですが、個人が購入できる国債は名前の通り「個人向け国債」と呼ばれます。国債とは、国が発行し、国が償還と呼ばれる、利子や元本の支払いを行うものなので、多くの債券の中では最も信用力が高いとされています。

個人が買える国債には、前述の個人向け国債の他に、利付国債というものがあります。利付国債は、個人向け国債同様に、半年ごとに利子を受け取れる仕組みを持っています。個人向け国債と異なる点としては、個人向け国債は、固定金利型と変動金利型の両方があるのに対して、利付国債は固定金利のみである点、満期が個人向け国債が3、5、10年なの対して利付国債は2、5、10年である点、そして、購入金額が、個人向け国債の場合は1万円から1万円単位なのに対して、利付国債は最低5万円から5万円単位である点です。

また、中途解約についても、この2つの間には違いがあります。個人向け国債の中途解約は、一定期間が経過すれば、ペナルティとしての手数料を支払うことで解約が可能です。元本金額の変更もありません。一方、利付国債の場合は、株のように金融機関を通して市場でいつでも売却を行うことができます。国債の価格は市場金利に連動しているので、例えば、市場金利が下落すれば国債の価格も下落することになり、いつ売却するかによって損失が出る可能性もあります。つまり、市場の動向によって、元本が減る、もしくは増えるという両方の可能性があります。元本について言えば、満期まで保有していれば元本は償還されます。