ETFで安全な投資に挑戦

分散投資できるETFは低リスク

ETFのメリットの一つにリスクが低いということがあります。株式投資を始めとする金融投資において、まず行うべきリスク回避行動の方法として、分散投資というものがあります。これは、色々な金融商品に少しずつ投資を行うことでリスクを分散するという効果を狙うものです。

ETF自体は投資対象の一つですが、これだけに投資することはすでに分散投資と同じ効果を得ることができます。なぜなら、ETFは日経平均株価やTOPIXの値に連動した値動きをするからです。日経平均株価やTOPIXというのは、いわゆる株価の平均です。日経平均株価の方を例として説明すると、これは東京証券取引所で一部上場している企業の中から日本を代表する企業として225会社を選びだし、それらの会社のそれぞれの株価の平均を算出して、日本の経済の動向を示す指標としているものです。

この平均値と連動するものに投資をするということは、単純に言い換えれば日本を代表する企業225社それぞれに資金を分散して投資をするということになります。通常の株式投資の場合、企業活動や業績といった観点から色々リサーチを行った上で、一つの企業を選び出すという手間が必要になり、また企業によっては10株や100株といった単位で売り出しているので初期投資としてまとまった資金が必要になります。この点でもETFはまとめて225社に投資できるということになり、大きな初期投資も必要ありません。

また、この日経平均株価自体は、平均値なので、それほど大きな値動きはありませんし、例えば、比較的大きく下がった次の日には上がる傾向があるといったような、値動きの傾向が分かりやすいという特徴もあります。