ETFで安全な投資に挑戦

ETFは低コストだから気軽に挑戦できる

初心者におすすめしたいのが株取引です。株取引は、数ある投資対象の中でも比較的理屈が分かりやすいものです。また、どこかの会社の株を買うことを「株主になる」という言い方をするのですが、この株主になると、お金とは別の特典もあるのでお得感を実感できます。

しかしながら、株取引のデメリットとして、取引を始める際にまとまった資金が必要であるということが挙げられます。なぜなら、株価というのは1株分の値段を表していて、1株分の値段はお小遣い程度の感覚で購入できる値段なのですが、なかなか1株から購入できるものはありません。大体は100株程度からスタートするという感じになります。ある企業の株価が1株2000円だとして、100株からの購入という条件があるとしたら、初期費用として20万円必要だということになります。また、こういった投資に使用するお金はすぐに使うあてのない余剰金であることも条件となります。20万円の余剰金というのは不可能ではない金額ですが、それなりにまとまった金額ですので、株取引に充当することをためらってしまう人もいるかもしれません。

その点で大きなメリットを持っているのがETFです。ETFは平均株価と連動した値動きをする商品で、どこか特定の企業の株を買うというのではありません。平均株価とは、例えば日経平均株価を例にしてみると東証一部に上場している企業の中から225社を代表として選出してそれらの株価の平均を算出したものです。ですから、見方を変えれば、225社全てに少しずつ投資したと言えないこともありません。平均株価ですので、値動き自体も緩やかで、把握しやすいものですので、大きく儲けることはできないかもしれませんが、初心者でもリスク回避は簡単にできるものです。