ETFで安全な投資に挑戦

ETFの種類

ETFとは平均株価に連動する値動きをするものです。こういう風に、一言で言っても、どの平均株価に連動するかによって種類が異なります。そして、それが国内のものなのか、国外のものなのかによっても種類が異なります。

最近と中長期的な景気動向を見てみると、日本国内の景気はさらなる回復が期待できます。ですから、まず国内のETFがおすすめなのです。とはいえ、一口に国内株のETFと言っても種類が色々あるためリサーチを重ねて自分にあったものを選ぶか、証券会社の人にアドバイスをもらって選びましょう。

日本株ETFは約90種類あります。それらは、大まかに言うと、日経平均株価やTOPIXといった代表的な株価指数に連動するものや、東証銘柄の中で規模別の株価指数に連動するもの、ベンチャー企業が多い新興市場の株価指数に連動するもの、セクター別もの株価指数に連動するもの等があります。どれも平均株価に連動しているので、個別銘柄に投資を行うよりも値動きが緩やかですが、やはり、メジャーなものほど値動きが緩やかで、逆に新興市場やアジア進出に着目したもの等はリスクが増加します。

また、日経平均やTOPIXといった代表的な株価指数は毎日の新聞やテレビで動向を確認できますが、それ以外の株価指数はそれについての情報を得るのだけでも、なかなかレベルの高い情報収集が必要となってしまいます。とはいえ、積立投資もできるので、勉強の一環として挑戦してみるのもいいかもしれません。

ETFは、これを購入するだけで日本の代表的な企業に連動して結果を得られ、高い分散効果もあります。また、個別株のように自由に売買できるのも特徴です。これから投資を始める人には最もおすすめの投資方法の一つであると言えます。