上級金融投資の不動産投資信託REIT

REITとは

投資の対象になるものには実に色々なものがあります。対象が、ある企業の将来であれば株式投資ということになりますし、外国の通貨であれば為替投資ということになります。株や為替を始めとする投資で、最も直接的に値段の上下に影響するのは基本的には需要と供給のバランスです。例えば、Aという企業の株を欲しいという人がたくさんいれば、A企業の株価は上昇しますし、逆にA企業の株を売りたいという人がたくさんいれば、株価は下がります。通貨投資についても同じことが言えます。また、投資の中には、不動産を扱う市場もあります。この中にREITがあります。

REITはアメリカで行われている不動産投資信託のことを指します。資産運用や金融投資には、その国によって様々な法律があるので、アメリカの不動産投資信託のことはREITと呼び、これが日本で行われるものになるとJ-REITという名称になります。

REITは基本的に投資信託です。つまり、不動産市場に投資するという名目でたくさんの投資家から資金を集め、土地を買ってマンションやビジネスビル等を建築し、テナントを募って得た賃料収入等を、最終的に投資家に分配するという流れのものです。この投資信託についても、最も基本となる市場原理は、他の市場と同じです。その土地を欲しい人がたくさんいれば値段は上がり、売りたいと思う人がたくさいれば値段は下がります。建物にしても、そのマンションに住みたいという人がたくさんいればオーナーは家賃を上げることを考えますし、その逆なら安くするでしょう。

どの方法にしても、不動産でお金を運用するのであれば実際に不動産を購入しなければ話になりませんし、投資の対象であるかどうかは別にしても、不動産を購入するには大きなお金が必要です。ですから、たくさんの人から資金を集められる投資信託という方法がこの市場への投資方法の主流となっているのです。