上級金融投資の不動産投資信託REIT

REIT投資の方法

日本でこの不動産投資信託を行うにはJ-REITというものに投資することになります。投資方法としては、他の投資信託と同じでJ-REITを取り扱っている運用会社に申し込みをし、資金を預けて運用してもらいます。

J-REITの投資について複雑なのは、このファンド自体がまるで株式のように証券取引所に上場しているということです。どういうことかというと、例えば証券会社というのは、株式、為替、国債、または色々なものを組み合わせた投資信託等、いろんな市場への投資を金融商品として取り扱っていますが、J-REITに投資をする場合、これを専門に扱っている運用会社に投資信託をするということになります。ですから、証券取引所に上場しているというのは、このJ-REITを取り扱う会社(投資法人)が上場しているという意味になります。

実質的な売買の仕方としては、それこそ上場株式と同じです。株式の場合、基本的に証券会社を通して購入します。REITの場合も同じで、証券会社を通して投資資金に見合った口数を購入してもらうことになります。現在、証券取引所に上場しているJ-REITは37社あります。J-REITに投資するにはこの中から選び運用をお願いすることになります。投資をする際には、いわゆる銘柄を選ぶ必要があります。運用利回りなどの各J-REITが売り出しているサービスがどのようなものであるのか、または、その投資信託の対象である不動産物件がどのようなものであるのか等のリサーチが必要となります。

いずれにしても、証券会社を通して売買を行うわけですから、証券会社にアドバイスをもらうのが一番でしょう。投資できる金額とより具体的な投資のビジョンがあるのであればそれを証券会社の担当者に伝えて一番適していると思われるものを提示してもらうことが手っ取り早い方法と言えます。