北越銀行の商品紹介

北越銀行で教育資金贈与

最近にわかに注目を集めているのが教育資金贈与専用預金です。子どもや孫、ひ孫に対して教育関連資金に充てるという条件つきで、一定額を非課税で贈与できるというものです(www.nta.go.jp)。この商品がなぜ人気かというと、現在国内に眠る預金を持つのは多くが高齢者であり、その高齢者が身内に対して効率的良く非課税で資金贈与できるからです。さらには単なる遺産として残すよりも教育資金に充てたほうがお得と考えて、相続税対策に利用する人も多いのが現状です。

とはいえちゃんと制度の内容を理解しておかないと、うまくいかなくなることもあります。たとえば贈与した資金を受け取った側が、30歳までに使い切らないと贈与税が発生するのです。そもそも何が教育資金になるのかが曖昧なため、銀行窓口で事前に相談・確認してから利用したほうが賢明です。銀行が用途の確認を取るため、保険やローンなど教育費以外に使うとちゃんと税金がかかってしまいます。さらに意外と知られていないのが期間限定の制度であるということです。

逆に知られていないメリットも多いです。たとえば金融機関によっては手数料無料の場合もあるということです。実際に北越銀行では専用預金口座からの引出には事務手数料がかかってしまい、金額も1000円以上と高額です。しかし引出金額が10万円以上だと事務手数料が無料になるのです。教育資金贈与専用預金は全ての金融機関が扱っているわけではないので、北越銀行はかなりオススメの銀行と言えるでしょう。

専用口座開設するにはかなりの手間がかかるので、期間限定制度でもあるので、早めの利用がオススメです。契約に際して受取人が身内であることの証明や申告書を用意しなければいけないのです。詳しい方法は窓口で聞きながらおこなうのがいいでしょう。そもそも取引が窓口でしかできないため、必然的に店舗に通うことになります。ちなみに金利は普通預金と同じなので、預金代わりに利用するメリットはあまりありません。